ネットで話題の情報が満載!

今ネットで話題になっているニュースや芸能裏情報をお届けします!

旧府中尋常高等小学校校舎でたーちん(カメコ)がインスタグラムに無断撮影し公開中止になり炎上【画像】

   

旧府中尋常高等小学校校舎でたーちん(カメコ)がインスタグラムに無断撮影し公開中止になり炎上【画像】

「旧府中尋常高等小学校校舎」に無断侵入して無断撮影をおこなったという自称カメラマン「たーちん」がインスタグラムにモデルの女性の写真を掲載し、ネットで話題になってる。

記事内容

東京都府中市にある府中市郷土の森博物館は、「旧府中尋常高等小学校校舎」の2階部分を見学中止にすると発表しました。平日のみが中止で、土日・祝日は見学が可能です。

 中止の理由について館長の小野一之さんに聞いたところ、本来の目的ではない無許可の撮影があったためとし、「今後目的利用以外のことに使われることは困りますので、当面の間中止をしております」とのことでした。一部報道ではこの施設内にて“無断でヌー○の撮影が行われていた”と報じられていました。

 この校舎は、1935年に建設された木造校舎の一部を復元したもので、撮影は校舎内の昔の教室が再現された2階部分で行われていました。また、土日・祝日は係員がいたが、平日はいなかったということです。なお、中止の期間は決まっていません。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160625-00000033-it_nlab-life

旧府中町立府中尋常高等小学校校舎
DSC_0425

建築面積:326.48平方メートル
延床面積:635.51平方メートル
規模:地上2階建
構造:木造 瓦屋根
旧所在地:府中市寿町2-6
見学可能部分:1階、2階
当面の間、平日は2階部分の見学を中止いたします。

(土曜日、日曜日、祝日と「多摩川ふれあい教室」開室日は見学が可能です)

お客様にはご迷惑をおかけすることを、深くお詫び申し上げます。

この校舎は、市立府中第一小学校の前身である府中町立府中尋常高等小学校として1935年(昭和10)9月に建設されました。以後1989年(昭和54)の新校舎建築に伴って取り壊されるまで、多くの子どもたちの学び舎として親しまれてきました。本来は、バルコニーを持つ木造2階建てで、一般教室35室、特別教室4室、来賓室、応接室、教員室からなり、延床面積は6,270平方メートルに達し、建築当時は北多摩郡随一の規模を誇っていました。移築・復元したのは、このうちの中心部分です。

近代教育のあゆみの展示や昔の教室のを再現するとともに、1階に府中ゆかりの詩人・村野四郎の記念館を併設しています。また、2階では特定非営利活動法人多摩川センターが運営する「多摩川ふれあい教室」も土曜日・日曜日・祝日に開催しています。

http://www.fuchu-cpf.or.jp/museum/about/1000090/1000092/1000093.html

ネットではモデルの写真が出回っているが、撮影に及んだのは「ターチン」とよばれる人物。

インスタグラムはこちら
写真は消してるが、「たーちん」が撮影した他の作品が見れる
https://www.instagram.com/ricozane/
no title

根本原因は彼らだが、炎上させて楽しもうしている人物により情報が拡散され、大きな問題になってしまったようだ。

今回の騒動は、例え施設だけに通報して、施設は監視を強化する対応だったとしても、このような撮影をする連中は場所をかえて続けるだろう。そのうち誰かが警察に通報して、警察が動くなどならないように施設側も中止という対応をとったようだ。

撮影禁止場所での撮影しても犯罪にならない。


撮影で違法になるのは、「迷惑条例で規定されている卑猥な行為」の撮影であって、日本では国の法律で撮影禁止の場所(刑事罰付き)は存在しない。

迷惑防止防止条例というのは各自治体で多少内容が違うが、意味としては「相手を羞恥させる事はしてはいけない」というもの。

無断撮影は対象者に許可を取らず撮影する行為になるので、肖像権の例外項目により権利として認められている。「勝手に撮ってもOK」と国が認めているのでたーちんたちは基本的には罪にならない。(記念撮影なんかで偶然他人が写った写真を公開はアウト)

最初から「撮っても良いですよ」となっていて、同じ理屈で監視カメラも無許可でも合法になる。ただしネットにアップするなど第三者に公開すると肖像権の侵害が発生する。

迷惑防止条例では「撮影」そのものを禁止しているのではなく、被害者が羞恥を抱くような(了解無い)撮影を禁止しているに過ぎないのだ。今回の件で、たーちんたちが「迷惑条例で規定されている卑猥な行為」に該当すれば逮捕で罰金刑になる可能性がある。写真が写真だけに今後は何らかの規制が必要かもしれない。


続きを読む

おすすめ

abc

 - Uncategorized

×