ネットで話題の情報が満載!

今ネットで話題になっているニュースや芸能裏情報をお届けします!

梅宮辰夫が病気の睾丸腫瘍と肺がん再発で余命宣告?で歩行補助器具の使用をダウンタウンDXで告白【画像】

   

梅宮辰夫が病気の睾丸腫瘍と肺がん再発で余命宣告?で歩行補助器具の使用をダウンタウンDXで告白【画像】

2016年6月23日(木)放送、日本テレビ系「ダウンタウンDX」
22時00分~23時00分

梅宮アンナの父親で、俳優の梅宮辰夫が病気で死去寸前だったことを番組内でカミングアウト。

今年の2月、映画プロデューサーの安藤昇さんの葬儀の時、青山葬儀所に歩行補助器具を使って、足をひきずりながら会場入りして梅宮辰夫。

当初、なんらかの病気を患っているのではないか?と噂になったが、娘である梅宮アンナがブログで「心配ない、疲れで披露がたまっただけ」と病気説を一蹴したことで、病気説が消えていた。

d_08847031

しかし、この時、実は生死をさまよう大病だったと、今夜のダウンタウンDXで告白する。

01 (1)

梅宮辰夫は1938年3月11日中国ハルビン市生まれの現在78歳。
祖父が日露戦争に従軍していたことで、父親と同じ、満州国ハルビン特別市で生まれ育つ。第二次世界大戦後、日本が負けたことで、帰国。父親が医者だったこともあり、自身も医者を目指すが、大学入試に失敗したことで、別の人生の転機となった「東映ニューフェイス」5期生に合格し俳優を目指すことになる。

その後の梅宮辰夫は、東映映画の人気役者として活躍する。

02

東映ほど俳優の序列に厳しいところはないと言われている。

映画のクレジットで名前が一人で出るようになって、やっと一人前。2人、3人と並べられてファンに顔と名前がようやく一致すればいい役が回ってくる。

高倉健、梅宮辰夫、千葉真一が東京で、京都の時代劇は萬屋錦之介、大川橋蔵、東千代之介、山城新伍、松方弘樹、北大路欣也、里見浩太朗らが人気があった。昔は東京の「第二東映撮影所」があり、東京の現代劇が60年代に低迷したのがきっかけで、「任侠劇」と言うヤクザ映画に生まれ変わった。

ヤクザ映画全盛時代は鶴田、高倉が二枚看板がトップ。
東映時代の梅宮辰夫は、よく揉め事起こしてケンカしていたようで、何らかのもめ事で独立をしたと言われている。

独立後はテレビドラマの俳優をこなしながら、バラエティー番組にも出演するようになり、美食三昧で肥やした舌を活かし、料理人としてそのキャラクターいかし、現在の番組にも呼ばれる人気を誇っている。

dvc00001_3

そんな梅宮辰夫は過去にがんを患い、余命3カ月と診断されていたこと過去をもっている。
これは娘である梅宮アンナが2015年のブログに、「1974年に睾丸腫瘍がんが肺に転移してしまい、ステージ4と診断されていた」と明かしている。

その時の医師の診断は「余命3カ月」しか持たないと言われていたという。


・転移してしまったがんは手術が出来ない。

転移していると完治はできず、延命治療しか方法がない。
手術ができるのは転移前だけであり、転移してからの治療法があるとするなら、生活の改善、食事療法、免疫力アップ。魚中心、緑茶、野菜、豆類、玄米等の食生活を送り、体を冷やしたりするのも病状を悪化させるので、身体を極力暖めたり、無理をしない範囲での体力作りが必要になる。

梅宮辰夫は妻のクラウディアとまだ2歳の梅宮アンナの為にも懸命に生きようとした。その生命力が改善に向かい、余命宣告された癌を克服し、現在に至っていた。

しかし、今年の2月に行われた安藤昇さん「お別れの会」に参列した時には、歩行補助器具を使って、足をひきずりながら会場入り。歩行補助器具を使わなければ歩けないというのは相当な病気という事になる。

睾丸腫瘍は手術しても2割が再発する可能性があるといわれている。
発症から30年たって再発の可能性はかなり低いが、ゼロではないので、歩行不能なほどの病気となるとがん再発の可能性があるだろう。早期発見なら1週間程度の入院で終わり、多少の時間がかかっても3ヵ月には行えるので、今夜まで隠していたと考えられる。

483a0026c65e11e5811f963aecd2c947

独立以降、仲の良かった松方弘樹も病気の悪性脳腫瘍と戦っている。
良性とは違い悪性脳腫瘍の場合、正常細胞との境目がなく染みるように広がっていき、たとえ見えるところをすべて取ったとしても早ければ数ヶ月~1年以内に再発。そして再発すれば数種間単位で倍の大きさになることもあるので、松方弘樹も驚異の生命力が求められる。

今夜の放送では病気の真相を告白。
完全復帰?できた元気な姿をみせることは、松方弘樹にも勇気づけられることだろう。


続きを読む

おすすめ

abc

 - Uncategorized

×