ネットで話題の情報が満載!

今ネットで話題になっているニュースや芸能裏情報をお届けします!

「佐藤ママ」佐藤亮子さんと長女の娘が息子3人東大理三いれた教育方法を深イイ話で公開【画像】

   

「佐藤ママ」佐藤亮子さんと長女の娘が息子3人東大理三いれた教育方法を深イイ話で公開【画像】

2016年6月13日(月)放送、日本テレビ系「人生が変わる1分間の深イイ話」
21時00分~21時54分

自分の息子3人と日本最高学府・東大理三に入学させた教育ママ佐藤亮子に密着。
d3873b99-l

佐藤ママと呼ばれ講演会や書籍を出すほど、その教育方法の秘訣を公開。

東大って入るのがどれだけ難しいのか簡単に説明すると、東大は毎年センター試験の受験者は約50万人、そのうち東大に入れるのは3000人程度しかいない。

高校の偏差値が最低65以上じゃないとほぼ無理入ることが難しく、河合塾の全統模試で全教科総合では偏差値70以上が当たり前。ごく稀に、地理的な問題で偏差値55くらいの地方の高校しか選択肢がなくて、そこから頑張って東大合格者が出ることもあるが、基本的に全国の優等生の集まるのが東大。


そんな東大の中でも「天才」と言われている学部が理科三類。

医学科進学希望者の中から成績順で入ることができ、医学部医学科は、定員110人。
定員の内訳は成績順で、理三から97人、理二から10人、全科類(文一から理三まで)から3人が選ばれた天才たちと言われている。

そんな東大理三に息子3人を現役合格させた佐藤ママこと佐藤亮子。

01

勉強方法はやはり変わっていおり、学生時代には恋愛禁止。

遊びも目もくれず(ゲーム禁止)、スポーツもさせず、家のお手伝いもさせない。(そんな時間があるなら勉強させる)勉強だけに親が全力でフォローするという考えは「親の自己満じゃないか」と批判の声も多くある。子どもを主体にする子育ては、信用できないと語り、「子どもの将来のために」小さいうちからの勉強するための環境を作り、日々を送るようにしているという。
o0800060013496286725

佐藤ママがフジテレビの「バイキング」に出演した時に「恋愛もさせず、勉強ばかりしていて人間的にダメになる」などと批判的な意見が坂上忍をはじめ出演者にバッシングを受けていた。しかし、東大はいくら母親が頑張っても三人の息子のヤル気がないと、お母さんが頑張ったからって東大理IIIに誰でも入れるものではない。

2015113002

子供はそれぞれ頑張っていることがあり、スポーツが得意でスポーツ選手を目指す子、絵が上手で美大を目指す子、勉強が楽しくてよりレベルの高い大学を目指す子がいるのは当然で、佐藤ママの教育方法だけ批判するのは間違いだろう。

実は、東大医学部というのは兄弟で、姉妹で、親子で、親子三代で入っているケースは決してレアではない。

親子で東大医学部教授(その後他病院院長などへ)、兄弟(姉妹)が同じ東大理三・東大医学部在学、卒業していたり、佐藤ママの息子の学年が違うが、三人兄弟(姉妹)で東大医学部がいて、調べればもっといるかもしれない。

たまたま佐藤亮子がメディアの前にでるようになってマスコミに大きく取り上げられているが、親が優秀な医者や研究者だと、「その背中を見て自然に子供は育つ」という遺伝的にも優秀という証明だろう。そうでない場合、幼い時の教育環境による才能開発が絶対必要なので、佐藤亮子の教育方針が間違っていないことになる。

・教育環境を作るのには親の努力が必要

いろいろと子供を母親がコントロールしないと、東大合格出来ないと語る佐藤ママ。
それでは「一般教養が身につかない」と批判が多いが、普通の学生も持っている常識は、わりと少ないし幅も狭い。東大医学部に入るまで友人、恋人がいなくても、入ってから同じ志を目指してきたたくさんの良い友人に知り合い、医者の世界でやりがいのある仕事をしながら、それぞれ充実した人生を歩んでゆく。

そして、家族がみな医者であれば常に力強い相談相手になり、家族のコミュニケーションにもなるので、佐藤亮子さんは将来を見据えての教育方針なのだろう。

深いい話では合格に導いたその秘策と受験に悩む母親にアドバイス。
現在は夫と娘の3人暮らしの佐藤ママだが、番組内ではたくさんの講演会に呼ばれる人気の「佐藤語録」を披露する様子も放送される。

・バイキング出演動画


続きを読む

 - Uncategorized

×