ネットで話題の情報が満載!

今ネットで話題になっているニュースや芸能裏情報をお届けします!

乙武「家では障害者でみじめだった…」 加藤浩次「なら不倫するなよ!奥さん裏切れないでしょ?」

   

乙武「家では障害者でみじめだった…」 加藤浩次「なら不倫するなよ!奥さん裏切れないでしょ?」

乙武「家では障害者でみじめだった…」 加藤浩次「なら不倫するなよ!奥さん裏切れないでしょ?」


a

1: 2016/04/06(水) 16:15:52.01

加藤は乙武氏の発言した「家にいれば障害者。無力の存在ということをつきつけられ自分が本当にみじめだった」という言葉を紹介しながら「だったら奥さんにいっぱい世話になっているわけじゃん。子供3人いるわけじゃん。だったらその奥さんを裏切れないでしょ」と持論を展開した。


加藤 浩次(かとう こうじ、1969年4月26日 )は、日本のお笑い芸人、俳優、司会者、ニュースキャスター。

札幌市白石区(現:厚別区)大谷地生まれ。母親が石坂浩二のファンであったことから浩二と名付けられる。小学2年生のときに札幌の西隣の小樽市に転出する[2]。小学校時代には児童会長を務めた。小樽潮陵高校卒業。高校時代の17歳の時に、小樽市のタウン誌『月刊ラブおたる』(No.45 当時200YEN)内のコーナー「Nice Campus Boy」(1987・4・11)に加藤が写真付きで掲載された
2014020405
加藤浩次 – Wikipedia

乙武 洋匡(おとたけ ひろただ、1976年4月6日)は、日本の文筆家、タレント、東京都教育委員、NPO法人グリーンバード新宿代表、元教職員、元スポーツライター。東京都出身。

先天性四肢切断(生まれつき両腕と両脚がない)という障害があり、移動の際には電動車椅子を使用している。東京都立戸山高等学校、1浪後、早稲田大学政治経済学部卒業後、明星大学通信教育課程人文学部に入学。
大学時代に早稲田のまちづくり活動に参加。このまちづくり活動を取材したNHKの番組出演がきっかけで、障害者としての生活体験をつづった『五体不満足』を執筆し、出版。屈託のない個性と「障害は不便です。しかし、不幸ではありません」と言い切る新鮮なメッセージがあいまって大ベストセラーとなった。この『五体不満足』は一般書籍の部数記録としては2010年現在で日本第3位の記録を持っている(出版科学研究所調べ)。また学生時代から報道番組にサブキャスターとして出演。2000年2月に都民文化栄誉章を受賞。

a
乙武洋匡 – Wikipedia

3: 2016/04/06(水) 16:16:21.88

正論ジジイ

4: 2016/04/06(水) 16:16:36.09
家じゃなくても障害者だろいい加減にしろ



続きを読む

 - Uncategorized

×