ネットで話題の情報が満載!

今ネットで話題になっているニュースや芸能裏情報をお届けします!

高畑裕太の被害者女性の矛盾点と発達障害の噂、高畑淳子の会見についてミヤネ屋が言及【画像】

   

高畑裕太の被害者女性の矛盾点と発達障害の噂、高畑淳子の会見についてミヤネ屋が言及【画像】

8月25日放送、日本テレビ系「ミヤネ屋」では、8月23日に起こった俳優の高畑裕太の逮捕について、専門家が疑問点を報じた。

現在、逮捕された高畑裕太は群馬県前橋警察署の留置所で深く反省しており、母親である高畑淳子が息子に面会するため訪れた。警察署に入る前に高畑淳子は、「詳しいことは明日の会見でお話しできると思います。申し訳ありません」と深く頭を下げ、警察署の中に入っていった。明日の26日に謝罪会見を開く予定となっている。

高畑淳子は被害にあった女性に会いに行ったと報じられているが、実際に会えたかどうかははっきりしていないので、高畑裕太からの状況しかわかっていない状況で、会見に臨むことになる。

・事件概要

報道によれば、高畑裕太は映画の撮影のためビジネスホテルに連泊。
被害にあった40代女性も連日一人で夜勤だった。そういった背景に高畑裕太が、女性従業員を事前に知っており、フロントコールで「歯ブラシがない」と備品を持って来させて部屋に連れ込んで行為に及んだという。

avi_000888755

高畑裕太に被害にあった女性は40代。犯行は夜中の2時~2時25分頃、連絡を受けた知人男性が3時に通報し、事件が発覚した。

avi_000995145

・高畑淳子への批判


本来であれば親の責任からは外れている年齢。

保護者として責任取る必要は全くないが、芸能人として、業界の最前線で仕事が出来ているのは間違いなく母親の影響力があっての事。正直なところ、本人の力だけではテレビに出れる器ではないのは事実。

本人の能力以上の立場を与えてしまった事により、「勘違いしてしまった」原因の一つということで、母親である高畑淳子が明日謝罪会見を開く。「俳優」としての立場を与えてしまった芸能界の先輩としては、やはり責任の取り方なのだろう。

avi_000022634

もちろん、母親が責任取る義務ではない。
所属する事務所も別なのに、高畑淳子はすでに仕事も自粛しており、人間的に配慮し、息子と一緒に責任を取るつもりというのがうかがえる。
avi_000011190

だが、芸能界からの引退はないだろう。
これから、多額の賠償金が発生すると報じられているので、芸能界を引退しては払えきれる額ではない。だが、息子の高畑裕太は、(無罪になっても)芸能界からは引退の可能性が高い。普通の仕事もしばらく難しいので、母親として必死に頑張るしかない。

かつて三田佳子は、次男が覚醒剤所持事件で2回謝罪会見をした。(3回逮捕されている)
毎年、長者番付にのるほどの大女優が一転、CM6本降板。芸能活動自粛をせざる得なかった。それより悪質な事件を起こした黒木瞳の娘は、警察沙汰になってないのをいい事に「事件そのもの」を隠匿している。

avi_000785352

・ミヤネ屋が指摘する矛盾点

高畑裕太は事件2日前からホテルに宿泊。
40代女性に狙いを定めていた可能性があるが、映画の撮影で泊まっていたことはスタッフをはじめ、大勢の人が泊まっていたのに、短絡な犯行に及んだのが不思議だと指摘した。そして、夜中の2時に「歯ブラシを持ってきてほしい」とフロントに連絡し、持ってきた40代女性に対し、犯行に及んだ。
avi_001041257

犯行の容疑を認めているが、計画性は認めていないという。

ミヤネ屋では実際には必要がなかった「歯ブラシがないから」という理由で、女性を呼び出すのか?と矛盾している報じた。可能性はゼロではないが、面識がある「計画性」があると捉えることが出来る。

実際に「使った歯ブラシ」があったのか、それとも「歯ブラシがなかった」のか、警察がそれを抑えているのかがポイントになると指摘した。

そして、強姦致傷罪と報じられているが、小さな怪我(ぶつけた程度)でも該当するそうなので、高畑裕太の場合は被害女性が入院をしたわけではないので、小さな怪我ではないかと推測した。なので、告訴を取り下げ、もしくは「示談になる可能性が高い」と報じた。

・高畑裕太の発達障害

ミヤネ屋では発達障害については触れなかったが、過去のバラエティ番組や言動を紹介。母親思いのブログも公開し、とても親不孝な事件を起こすような人間には思えない。だが、高畑裕太の言動行動、高畑淳子の過去に出演した息子のエピソードを聞くと、発達障害(ADHD)の可能性が高い。

実際に高畑淳子が高齢出産で生んだ子供なので、発達障害児の生まれるリスクは高い。(現在、高畑淳子が61歳で、高畑裕太が22歳だから、39歳の時に生んだ子供ということになるので、高齢出産に該当する。)

高畑裕太は共演者に対し距離感が近く、「怖い」印象があったのは、アスペルガー障害特有に見られるもの。

・アスペルガー症候群
広汎性発達障害の一種で、言葉の遅れがない、もしくはあっても軽微な遅れのお子さんを総称してこう呼ぶ。基本的には自閉症と同じ特性を持ってるが、言語能力が高いため、障害があるとは思われず周りから誤解を受けやすいことが多い。

被害者は名前は伏せられているとはいえ、家族や関係者はそういう事件があったということを把握している。加害者が芸能人で女優の息子というだけで、他の事件よりも過剰に取り上げられてしまっているのが現状だ。

責任は高畑裕太本人がとるべきだし、母親が出てくるところではない。ただ、芸能人は何か問題を起こせばたとえ成人していても、親が真っ先に出てくるという流れなってしまっているのはしょうがないのかもしれない。いずれにしても、明日の会見で高畑裕太の状況がいまよりはっきりわかることは間違いない。


続きを読む

おすすめ

abc

 - Uncategorized

×