ネットで話題の情報が満載!

今ネットで話題になっているニュースや芸能裏情報をお届けします!

ブライアンバンクスが冤罪の性的暴行犯人(ワネッタギブソン)と訴えられたアメフト選手のその後をアンビリバボーで紹介【画像】

   

ブライアンバンクスが冤罪の性的暴行犯人(ワネッタギブソン)と訴えられたアメフト選手のその後をアンビリバボーで紹介【画像】

2016年7月21日(木)放送、フジテレビ系「奇跡体験!アンビリバボー」
19時57分~20時54分


日本でも社会問題になっている冤罪事件。

日本には大岡裁きと呼ばれた、疑わしいだけで決定的な証拠がなければ、無罪として扱うという考え方。

「疑わしきは罰せず」

という「推定無罪」とが江戸時代から存在する。

しかし、痴漢に関しては適用されないのは事実。冤罪により、社会復帰が困難になっている方もたくさんいて、痴漢冤罪をワザと起して、示談金目当ての検事を目指していた学生も逮捕されている。

その冤罪の闇の深さに恐怖すら覚える。

タレントのベッキーも、以前テレビで、学生時代、電車内で気に入らない人間がいたら痴漢冤罪で捕まえさせていたとバカ発言をしており、実際冤罪被害にあった人は年間数百人はいると言われている。

弁護士に相談すると冤罪と疑われたら走って逃げろという始末。

冤罪事件は社会的信用を失い、「社会から抹殺されるのと同じ」ということを理解していない。被害者の女性のプライバシーは、これでもかというくらいに秘匿され、一切の情報を知ることが出来ず「国から守られながら人を殺せる」のと同じ行為が出来る。(参照「それでも僕はやってない」の映画のセリフから)

そんな冤罪事件で人生を棒に振ってしまった、フットボールのスター選手だったブライアン・バンクスをアンビリバボーで真相を紹介する。

01

・事件概要

USC、オハイオ州立大学、ミシガン大学、ミシガン州立大学、カンザス大学などアメフトの強豪大学からオファーを受け、2002年には、最難関大学として有名な南カルフォルニア大学の進学が約束されていたブライアン・バンクスが、突如逮捕された。容疑は高校の同級生ワネッタという女性への性的暴行をした疑い。

身に覚えのないブライアンだったが、全く彼の言葉を警察は聞いてもくれない。
弁護士に相談するが、性的暴行などの場合、「証拠」がなくても「証言」があれば逮捕されてしまう。これは先進国の国はどこも「力の弱い女性」を守るためのもの。

身に覚えがないが、否定し続けると「反省していない」とみなされ、さらに刑が重くなってしまう。弁護士に勧められた「司法取引」を悩んだ末、将来のために5年刑務所で服役することを受け入れることにした。


その後のブライアン・バンクスへの社会的制裁は厳しいものだった。

当然、大学推薦の話はなくなっており、アメフト選手の道は閉ざされていた。
アメリカでは性犯罪を犯した人間には、ブラックリストとして登録されてしまい、周囲の住民には性犯罪者として扱われてしまう。しかも、どこにいるのかわかるGPS付きの電気ブレスレットの着用を義務付けられていたことで、プライベートな時間など存在せず、常に監視される日々を過ごすはめになる。

犯罪者ではないと信頼してくれた母親を助けるために、アルバイトをする日々。

5年の月日より重い、何もかもが冤罪により奪われてしまっていたのだった。

・冤罪が発覚したきっかけ

性的暴行をうけたと告発したクラスメートのワネッタギブソンが、フェイスブック上でブライアン・バンクスに連絡を取ってきた。ワネッタはフェイスブックで今のパンクスの現状を知り、良心の呵責に耐え切れず、自ら「会って話がしたい」と近寄ってきたのだった。

bandicam 2016-07-21 12-39-27-886

そこでバンクスは弁護士と相談。
ワネッタから性的暴行被害は「ウソ」だった証言を得るため、呼び寄せ、隠し撮りをして映像に収めることを計画する。

2011年2月28日、バンクスはワネッタと再会。
虚偽のストーリーを作ったことを認め、会話の一部始終を映像に収めた。

その映像を裁判所に提出し、冤罪だったと犯罪の取り消しを訴え、2012年5月23日の公聴会でバンクスの犯罪歴は正式に取り消された。

報道されたニュース動画

この報道は全米に報道され、バンクスにチャンスが巡ることになる。

アメフトチーム「アトランタ・ファルコンズ」のスカウトマンは学生時代からバンクスの実力を高く評価していた。この報道を知ったことで、正式にチームにスカウトを申し込み、2013年4月3日念願だったアメフト選手に戻ってくることが出来た。(しかし、ブランク期間が長く、往年の実力がないのでのちに解雇されている)

現在はNFLのオペレーションとしてアメフトに関わる仕事をできている幸せに喜びを感じているという。

・冤罪の起こしたワネッタのその後

ワネッタギブソンは虚偽の事件を演じ、パンクスの人生を棒に振ったことにより、260万ドルの賠償金が命じらている。現在の日本円にして約2億8900万円。実際に支払われているのかわかっていないが、財産などすべて差し押さえされてしまったようだ。

・冤罪の恐怖

日本でも冤罪被害で横浜市の元高校の教師が、すれちがいざまに「女性に触れた」として有罪となり市教育委員会は懲戒免職されている。

男性は熱心で教え子からの信頼も厚かったそうだ。

男性は否認し続けたが、被害者だけが痴漢と訴えれば、やってなくても罪を着せられてしまっている。どんな状況でも被害者が痴漢と訴えれば、ほぼ有罪確定とみなし、犯罪者扱いを受けてしまう。

アンビリバボーで放送されるバンクスは偶然冤罪は証明できたが、もし証明できなかった場合、ずっとアルバイト生活を続けなければならなかったかもしれない。そして、その生活から逃れるために犯罪に手を染めていたかもしれない。


冤罪は他人ごとではない。

冤罪を苦にした自殺者も間違いなく出ているはず。

自分や家族がこのような冤罪に巻き込まれたら・・・。
アンビリバボーでは、バンクスの人生を振り返り、先進国での冤罪の実態を紹介する。


続きを読む

おすすめ

abc

 - Uncategorized

×